豪雨災害から2週間経った頃、断水している地域で給水所に行くことが出来ない人が相当数おられるというニュースを聞きました。水が無いということがどれほど不便なのか想像もつきませんが、酷暑の中必要な時に家のどこにも水が無いということを想像しただけで息がつまる。その水を取りに行けない人たちに水を運ぶボランティアが立ち上が奮闘していること、またポリタンクが不足していることを知りました。その日は時間を調整出来る日だったのでホームセンターでポリタンクを積めるだけ購入し、呉市川尻町の彼らの拠点へとりあえず持参しました。

自宅の井戸と庭を解放して自宅も断水している中ボランティアを募集しながら、水を配っておられました。

特別暑い今年の夏、彼らの体が心配でしたが、無事を祈りながらその場を後にしました。

※その時点では断水解消のめどが立っていませんでしたが8月3日やっと水が戻りました。

酷暑の朝活

7月6日から7日にかけての豪雨は西日本に大きな爪痕を残しました。阿弥陀様には亡くなられた方々をどうぞお願いしますと念仏で祈る毎日です。

7/14の夏の掃除は朝から酷暑。被災された方々の疲れもピークに達し、復旧ボランティアの方々の作業も過酷を極めています。掃除しながら後方支援に徹しようと誓いました。

カリー寺ミーティング

6/21カレー好きの会による第1回カリー寺ミーティングを「お好み焼きえっと」にて開催しました。

話はおおいに盛り上がり、鶏を育て、田んぼ・畑で材料作りから数年かけてやっちゃおうということに。もちろん裏テーマは「○○さんに愛をこめて」

カレーにまつわるミーティングを年数回行う予定です。もちろんカレーをみんなで食べます!

 

本番までに試食会を数回やる予定です。

イベントは来年春。お楽しみに!

詠唱大会

年に一度のお歌発表の日。

雪のうちに 仏のみ名をとなふれば つもれるつみぞ やがて消えぬる

みなさまの普段の練習の成果と信仰のお姿を拝見し、勇気付けられ励まされ。

楽しい時間はあっという間でした^ ^

初めて全員揃いました

毎月詠唱の練習をしています。

練習後のおしゃべりタイムが充実しています。住職からの質問に皆さん遠慮なく、気さくに答えて下さいます。様々な情報の収集源です^ ^

毎月第2水曜日 14時〜

次回は7/11

Oteraじかん

この歳(51)になってお念仏に動作をつけて行う「礼拝(らいはい)」がやたらと有難い。インドで見たチベット僧達は、額や鼻の頭を血だらけにして五体投地(ごたいとうち)していたっけ。

やり方は額と両肘、両膝を地面につけ礼拝(らいはい)を一回する間に音階をつけたお念仏を3回称えます。10礼する場合は下3・中3・上2・下2というふうに音程も変わリます。言葉で説明してもぜんぜんわからないと思うので動画を作ってみました。やってみようと思われる方は参考にしてみて下さい。

西念寺の別時念仏は

毎月第1木曜日14時と第1日曜日朝7時(12月から3月までは8時から)から40分間(15分木魚念仏・20分礼拝・5分木魚念仏)。 どなたでも参加出来ます。息を深く、日常から切り離される特別な「Oteraじかん」。 ※これからの時期は汗が出ます💦軽装で。タオルをご用意下さい。

※足腰に不安のある方はイスで。上半身の礼のみでもok!

参加費200円

7月は1日と5日です!

参加費は200円