かな・かな・かな

足音に小鉢波立つ目高かな

亀の子の喰らふ姿の猛きかな

筍の墓持ち上ぐる力かな

湧き水の草間にゆらぐゐもりかな

かな・かな・かな

「知識」と「経験」。どちらが重要かと問われたら私は「経験」と答える。知識も実践が伴ったものなら深みを増す。

歌を知っているだけでや歌ったことがなければその楽しさがわからないように、物語の名前をたくさん知っていても物語を読んでみないとその面白さがわからないように。

日常の思考回路から少し離れ、五七五の世界に遊ぶ2時間。

西念寺では月一回「てら俳句」を開催。初心者向けではあるけれど「句会」という形で行い、その空気も体感していただきます。

次回は6/20 13:30~

5句以内をご準備下さい。

①兼題「サングラス」

②季語とは別で「空」の字を入れた句

上記以外も可