地獄・満席・光明坊

 

今日は皆さんと瀬戸田のベルカントホールへ

646席のホールが満席。雅楽も大会を盛り上げてくれました。お囃子付きの落語2席は初!臨場感がありました。

[地獄八景亡者戯]は奇想天外。あの世が身近に。

普段念仏していれば念仏を買わなくてもいいのに^ ^

島の奥へさらに車で10分の真言宗光明坊様。松虫・鈴虫さんは当時19才と17才。秋なのでなんとも切ない気分になりながらお参りしました。

お世話いただいた皆様に感謝です。

ピアノとカレーと人生と

あの酷暑が嘘のよう。涼しくなってきました。

この夏災害に翻弄された西日本。観光も大きな打撃を受けました。

これからは人が訪れることがなによりの復興になると信じます。

西念寺では、11月に災害復興のチャリティーイベントとして「TERARA祭」を開催します。

 

11日(日)は「ヤァヤァヤァ!GP (グランドピアノ)がやって来た!」

弾き初めの会とバイオリンピアノ演奏会です。ダイレクトで音の振動を体感していただきます。

入場無料

 

17日(土)は ダイジョウブレンド上映会

スパイスをブレンドするカリー作り、手づくりアコーディオン合奏の会、樹木希林さんナレーションの映画「人生フルーツ」が同日開催。予約制。詳細は後日。

コーヒーショップ「ブルーバードカフェ」さんの出店や「アダージョ」さんによるパンの販売もあり、境内全体がカフェになります。

 

 

🎬🎬🎬🎬🎬🎬🎬🎬🎬🎬🎬🎬🎬🎬🎬🎬🎬🎬🎬🎬🎬🎬🎬🎬🎬🎬🎬🎬🎬🎬🎬

 

 

★ヤァヤァヤァGP がやって来た

と   き  11月11日(日)16:00〜

GP弾き初めの会・バイオリンピアノ演奏会  入場無料

 

★ダイジョウブレンド映画の会

と   き  11月17日(土)

9:30 ペパニカ ワークショップ&アートワーク

11:30 ブレンドカリー

13:30「人生フルーツ」上映会

15:30 ペパニカ ワークショップ

18:00「人生フルーツ」上映会

19:30 大人のブレンドカリー

ペパニカ(一つにつき3000円  ワークショップと合わせると3500円)

人生フルーツ上映会(中学生以上1人1000円  小学生は無料)

ブレンドカリー(家族で参加の場合1家族1000円、個人参加は1人1000円。2〜3人1組になっていただきます。収益分は災害復興の寄付へ充てさせていただきます。)

 

 

主催 ダイジョウブレンド

🍛🍛🍛🍛🍛🍛🍛🍛🍛🍛🍛🍛🍛🍛🍛🍛🍛🍛🍛🍛🍛🍛🍛🍛🍛🍛🍛🍛🍛🍛🍛🍛🍛

人生フルーツ

https://g.co/kgs/ubi2hv

 

ブレンドカリー

 

 

ペパニカ

http://www.papernica.com/

秋修行

雨模様の彼岸法要。たくさんお参りいただきました。

お釈迦様は「修行」を通じて苦しみを取り除く道を示されました。様々な修行の中から今回は布施行についてのお話でした。

布施とは「与えること」。

お金や物は無くても出来る布施行として和顔施・身施・床座施・心施・法施などがあります--

慈愛を持って「受け入れる」「やさしい言葉・声をかける」「笑顔で見守る」---などがそれです。

モノやお金は与えると減りますが、これらやさしさの布施はいくらしても減ることはありません。ならばどんどんしたいところですよね。

しかし現実はなかなかそう簡単にはいきません。声をかけるといっても「気を遣わせてしまうのではないか」、「無視されたらどうしよう」「ニコニコしてるとなにか企んでいると疑われてしまうのでは」と。ついつい心配になり躊躇してしまうものです。この世は時に忙しく、世知辛く慈愛を持って受け入れ合えるような人ばかりではないし、余裕の無い時は普段穏やかな人でも辛くあたってしまいます。ありがた迷惑という言葉があるようにどんなにいいことでも予期せね迷惑になってしまったり、無償の寄付でさえ思わぬ堕落につながってしまったりもします。

阿弥陀仏は日々忙しく、心静まること無く目先のことにとらわれ、右往左往している私達をよく理解しておられます。事情をよく心得た上で、「なむあみだぶつと私の名を呼びなさい。」と働きかけておられます。私達が本来の力を発揮出来るよう、悪縁に会わないよう、過ちをしないよう、落ち着かせ、育て、救おうと、常にお働きです。

法要の日は阿弥陀仏の誓いに応えるお念仏を皆でとなえました。

大きな声で・小さな声で。

座ったままで、全身で。

心静かに・心乱れながら。

父母に・夫妻に・兄弟姉妹に我が子に思いを寄せて。

ただひたすらに・ひたすらに。

秋清掃

雨にもかかわらず☂️15名ほどご参加いただきました。道に伸びた竹を伐採する予定でしたが、滑ると危ないので、裏庭と本堂・廊下の拭き掃除をしました。

初めてご参加いただいた方から「掃除に参加させていただき気持ちがいいいです。」とコメントいただきました。こちらも嬉しくなります。

次回は12/15(土)10時です。

ブレンドカリー ”ブレカリ”

かけた情けは水に流せ。受けた恩は石に刻め。

ちょうど20年前、ガンジーとマザーテレサに会いにインドへ。マザーが亡くなって間も無い時で、まだ棺が安置されていた。マザーの活動に寄付するつもりで持参した1500ドルのうち、情けないことに200ドルくらいはインドの人達との酒盛りや、なんやかやで使ってしまい、残りの約1200ドルをシスターに渡した。目的はなんとか果たせた。かけた情けはなかなか水に流せないもので善いことをしたと時々思い出す。

旅行途中インドでは定番の胃炎になり、2日間熱にうなされた。コーランが聞こえてくる安宿で意識は遠のく。でも不思議と不安感は無く、インドの神様が守ってくれているという安心感があった。

充分に回復できないまま訪れた地で知り合ったインド人達はとても心配してくれ、薬を処方してくれた。インドの病気はインドの薬で治ると少々強引な説得を受け、言われるままに出された薬を飲む。すると胃炎はあっという間に治った。

おすすめの店があると誘われ近くの食堂へ。普通の家庭料理だったが、女性店主の作るカレーは繊細で、丁寧との言葉どおり、スパイスは効いているけど素材の味が生かされ、弱った胃にも優しく、見た目も綺麗で大袈裟でなく感動。忘れられない味となった。

インドではたくさん騙されたけど、介抱してくれ、元気にしてくれたのもインド人。恩を石に刻むところまではいかないけど今更ながらに感謝感謝。

インドではいたるところに売っているスパイス。帰ってから自分で作ってみようと数種類を買ったが、当時はクックパッドも無く、奥深いスパイスの世界を前に断念。

そして今仲間の力を借りて、20年来の夢が(笑)叶いつつある。

49

今日は7/6、7の豪雨災害から四十九日。謹んで念仏・礼拝させていただきました。

亡くなられた方々のことを少しでもイメージ出来るよう、地区、年齢、お名前を読み上げ、魂の安楽を祈り、同時にこれから復興を目指す残された親しい人々を護り導いていただくことを念じました。

復興はこれからです。

受験生

5A8B809D-5CFD-4036-B7FE-FA508EE85555被災地の受験生(すべての受験生も)頑張ってほしい。苦難は想像を絶するものだと思います。

私自身も受験には苦しみました。そして日記や仲間に助けられた当時を思い出しました。

以下は心強い先輩の言葉です。

「マイナス思考の今は決断を避けて。心の回復を待ってからでも遅くはない。親しい人に話を聞いてもらったり、日記に書いたりすると落ち着きますよ。」小野寺真理子さん(東日本大震災)

「勉強なんてたいぎいと思っていた。けれど勉強出来ることのありがたさに気付いて…一緒に勉強したり進み具合を報告し合ったりする友達を見つけよう」重信優斗さん(2014広島土砂災害)